観桜会

みなさまこんにちは。

経営支援部の倉田です。

記念すべき令和1回目の記事は4月23日に開催致しました観桜会についてです。

 今回は定員を上回るお申込を頂き臨時席を設け、キャンセル待ちが出るほどの大盛況のうちに開催できました。ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございます。

 さて、第9回目となった今年は「創業122年、激変の波を超える」をテーマに東京より京橋白木株式会社 代表取締役 竹下茂雄様、専務取締役 竹下雷太様、常務執行役員 萩原利之様をお招きしご講演いただきました。

 離職率100%だった会社が㈱ワールドユーアカデミー様の研修をきっかけに幹部それぞれが自身を見つめ直し、本音でぶつかり合えるようになり、今では竹下社長就任時に比べ年商は2倍!!会社の幸せ、社員の幸せ、会社の未来、食産業の発展に貢献するため社員一丸となって取組んでいらっしゃいます。ご講演ではその成長の裏にあったご兄弟故の衝突と、社長故の悩み、専務と常務の視点も交えここでしか聞けないリアルな経験談をお聞きすることができました。

 特に私が印象的だったのは兄弟なのになぜコミュニケーションが上手くできなかったのかというお話です。それは社長と専務のエネルギーの向きが「外向」と「内向」で正反対であったことが大きかったと言います。そして情報の取り入れ方や情報処理の仕方にも違いがありそれをワールドユーの研修で気付けたそうです。「伝える」と「伝わった」が違うことを理解し、「伝え合う」ことができるようになったお陰で2人の関係は大き変わったそうです。また弊社鈴木より変わりゆく時代についての講演を聞き、今はまさに大きな転換期であることを皆様と共有できたと思います。

 当日は遠方からも多くの方にご参加いただき皆様のご支援により盛況のまま無事終えることができました。

 次回は10月16日に日本ゴルフ界のトップを走る和田兄弟をお招きしお2人が目指した「ビジョン経営というチームプレー」について講演して頂きます。今回ご都合が合わなかった皆様も是非お誘い合わせのうえご参加ください。開催場所、時間等は改めてご案内いたしますので今しばらくお待ちください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。

どんなことでもお気軽にご相談ください

お問い合わせ
Top