職場定着支援助成金 | 内定辞退に関する電話連絡対策

パズルの最後の一片のイラスト

【もっともっと!助成金有効活用】職場定着支援助成金

<この助成金のポイント>
事業主が、従業員の離職率を低下させるため、処遇や労働環境の改善など「魅力ある職場づくり」(雇用管理制度の導入や介護福祉機器の導入等)を行う場合に助成をするものです。

<助成金コース>
「雇用管理制度助成コース」
「介護福祉機器助成コース」
「保育労働者雇用管理制度助成コース」
「介護労働者雇用管理制度助成コース」

の4つのコースに分けられます。

<支給額>
「雇用管理制度助成コース」において健康づくり制度を導入/10 万円など
「介護労働者雇用管理制度助成コース」において賃金制度を整備/50 万円など

 

【社労士がズバッ!職場のQ&A】内定辞退に関する電話連絡対策を教えてください

<質問>

広告代理店で人事を担当しています。売り手市場を受け、今年は内定辞退者が多いようです。基本的には電話で内定辞退を知らせてくる学生が多いのですが先日、初めて「内定辞退を撤回したい」という学生がいました。その学生には「口頭とはいえ内定辞退を承諾しているため、すでに内定者ではない」と伝えましたが、同様のケースに備えて対応策を教えてください。

<回答>

内定辞退の連絡が電話による場合、その電話の主が本当に本人か否か、また内定を辞退する意思表示を受理した証拠も残らないため、電話連絡だけで決めると想定外のトラブルに発展する危険があります。そこで内定を出す時点で「万が一、内定を辞退する場合は書面による申し出に限る」として「内定辞退書」の提出を求め、さらに「内定辞退を撤回することは原則として不可」と明確に通知しておくとよいでしょう。なお、貴社には内定辞退の撤回に応ずる義務はありませんが、優秀な社員でも新入社員の頃には何かしらミスを犯した経験はあるものです。内定辞退の撤回は、学生の就職活動では大きなミスに違いありませんが、申し出た学生に再面談の機会を与えるなどの配慮も検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
Top